くるまWEB|値引き・買取相場や新型車ニュースの速報!

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

新型ワゴンR・スティングレーの値引き!【スペック・燃費・価格】

      2016/09/08

2016年内にフルモデルチェンジされると噂とスズキの新型ワゴンR・スティングレー

(残念ながらまだ新型モデルのスクープ写真などが無いので、現行モデルの画像を掲載していきます)
WS000057

一昔前の世間では、「軽自動車は狭過ぎる!」というレッテルが張られていたのですが、そのイメージを拭い去るきっかけになったのがワゴンRという車種です。当時はそれくらい勢いがありました。

そして今回のフルモデルチェンジで、ワゴンR・スティングレーもかれこれ6代目になります。当時ほどではありませんが、今だって人気が高い注目車ですね。

WS000058
画像引用元:http://kakaku.com

スズキにとってもワゴンRは力を入れている車種なので、今回の新型の仕上がりもさぞ良いものになっているのではないでしょうか。

ということで、新型ワゴンR・スティングレーの値引き最新ニュース、それから記事の後半では、スペックやグレード別の燃費と価格についてまとめていきます。

まず前半では値引き相場について追っていきます。

※追記あり:最下部に発売スケジュールの遅延について書いています

新型ワゴンR・スティングレーの値引き相場について

はい、では値引き相場ですが、色々と調べているとこのくらいでしょうね。

■ 新型ワゴンR・スティングレーの値引き額

10~15万円くらい

新型ワゴンR・スティングレーは、そもそも軽自動車なので価格自体がそこまで高いものでは無いです。オプション選択も限られています。ですので車体価格とオプション料金の値引きをトータルしても15万円いけばOKって感じだと思います。

WS000059
画像引用元:https://www.youtube.com

それから今回2016年の新型ワゴンR・スティングレーは現行モデルと違って、「プラットフォームを一新した」という情報があります。プラットフォームというのは、簡単にいうと車の骨格みたいなものです。

ワゴンRのみならず、プラっトフォームなどをガラッと一新すると価格帯が上がる傾向があるので、それによって値引き額も過去と比べて、大きく引き上がったら良いのですがどうなることやら...。

WS000060

2016年モデルの予約・発売直後は、愛車を高く売るのがベター

ここまででお伝えした通り、やはり新型ワゴンR・スティングレー(2016年モデル)の大幅な値引きは期待できません。このことはそもそも、あなたも重々承知なのだと思います。ディーラーの立場からしたら、リリース直後なのに大きな値引きをする意味がありませんからね。

しかし...少しでも口座にお金を残したいのが人間の性だったりします。

WS000031

ですので、もしそれでも「新型ワゴンRの購入額を、少しでも安く抑えたい!」とお考えでしたら...新型の値引きにエネルギーを割かずに、愛車を高く売ることに注力するのがベターな選択でしょう。

新型の値引きをエサにされて、そのままディーラーに下取りに出すのも1つの手です。ですがディーラーを介さずに、業者さんに愛車を買い取ってもらうと2,30万円くらいの差なら珍しくありません。

WS000038

詳しくは今スグこちらをチェックしてみてください。

⇒ かんたん車査定ガイド

ちなみに、「なぜ買取額に差がつくのか?」という仕組みは、こちらの別記事で解説しています。気になった方はどうぞ。

あなたの車の本当の価値は?高く売って損をしない方法

では少し話がズレましたが、ここから以降では「新型ワゴンR・スティングレー(2016年モデル)、両モデルのスペックや燃費、それから価格や発売日」について書いていきます。

新型ワゴンR・スティングレーの基本スペック

では、まずは新型ワゴンR・スティングレーの基本スペック表を作りました。

新型ワゴンRの基本スペック 
全長3395mm
全幅1475mm
全高1660mm
ホイールベース2460mm
車両重量750kg
パワーユニット直3DOHC(658cc)
最高出力52ps/6000rpm
最大トルク6.6kg/4000rpm
トランスミッションCVT or 5速AGS
燃費リッター35.0キロ

ちなみにまだスズキからの公式発表が無いので、あくまで予想スペックになります。

搭載エンジンなどは変更がありますが、ボディサイズに関しては現行モデルと大きな違いはありません。走りの性能や効率などは上がっていますが、大きくコンセプトが一新されるような動きはありませんね。これはワゴンRとしての統一感があって良いことだと思います。

WS000061
画像引用元:https://www.youtube.com

それから、「ストロングハイブリッド」システムを採用するのでは?と言われていますが、実際のところまだ定かではありません。もしかしたらハイブリッド車には、これまでとはひと味もふた味も違った変化が楽しめたりするかもしれません。ただ個人的には「難しいんじゃないか?」と思っています。

WS000062
画像引用元:http://mazdafanblog.blog.fc2.com

とりあえず「ストロングハイブリッド」システムが、新型ワゴンRのハイブリッドに使われるとするなら、燃費などに大きな伸びがあるでしょうね。軽自動車の格がさらに上がることが見込めます。その点も楽しみにしておきましょう。

現行モデルのグレード別の燃費と価格まとめ

では、ここで一旦...現行モデルのワゴンRとスティングレーの、グレード別の燃費と価格についてまとめておきます。

まだ新型のほうはスズキから細かな発表がありませんので、ひとまず参考がてらどうぞ。もちろん新型では向上があるものの、ワゴンRという車種のおおよその特徴が見えてくると思います。ただ2016年の新型のものでは無いのでお間違えなく。

WS000063

駆動方式が2WDと4WDとあるので、それぞれ分けています。

2WD駆動の燃費と価格

こちらがワゴンR(2WD)のまとめです。

ワゴンR(2WD)リッター燃費価格(税込)
■ FZディスチャージヘッドランプ装着車33.0キロ1,426,680円
■ FZ33.0キロ1,372,680円
■ FXレーダーブレーキサポート装着車30.6キロ1,196,640円
■ FX30.6キロ1,144,800円
■ FX(5MT)25.8キロ1,134,000円
■ FA26.0キロ1,078,920円

続いてスティングレー(2WD)のまとめです。
スティングレー(2WD)リッター燃費価格(税込)
■ T(ターボ)28.0キロ1,614,600円
■ X33.0キロ1,465,560円

そして下記は現行モデル4WDのワゴンRとスティングレーになります。

WS000064
画像引用元:http://jp.autoblog.com

4WD駆動の燃費と価格

ワゴンR(4WD)はこちらです。

ワゴンR(4WD)リッター燃費価格
■ FZディスチャージヘッドランプ装着車30.8キロ1,547,640円
■ FZ30.8キロ1,493,640円
■ FXレーダーブレーキサポート装着車29.0キロ1,317,600円
■ FX29.0キロ1,265,760円
■ FX(5MT)24.2キロ1,251,720円
■ FA25.2キロ1,199,880円

スティングレー(4WD)はこちらです。
スティングレー(4WD)リッター燃費価格(税込)
■ T(ターボ)26.4キロ1,735,560円
■ X30.8キロ1,586,520円

以上、現行しているワゴンRとスティングレー、グレード別の燃費と価格表でした。

ちょっと話がズレますが、「軽自動車は要らない!」という説を唱える専門家さんもいらっしゃいます。メーカー側からみてあまり儲かりませんし、そうなると軽が売れたところで車業界の発展があまりないから...らしいです。それから衝突への耐性にも限度があるのも理由だとか。

ですが、どのメーカーも軽自動車だからといって、手抜き開発をしている訳ではありません。むしろ必死に努力しています。それくらい小型エンジンを作ったり、ボディの軽量化などをするのは長い月日と最新のテクノロジーが必要です。研究費だとかのコストもかかるでしょう。

WS000065

それでも頑張る理由は、なんだかんだやはり需要があって求められているからです。それにあまり儲からないとは言っても、発展が無いわけではありません。ですから軽自動車の世界もまた、ドンドン未来に向かって発展していくと信じています。

新型ワゴンR・スティングレー(2016年モデル)の価格予想!

さて、では上記のことも踏まえての価格予想ですが...

■ 新型ワゴンR・スティングレーの価格

110~160万円

ということが巷でも言われていますね。

個人的にも同じく130万円くらいの価格で、1番人気の高いメイングレードがくるのではないか?と思っています。

特に今回の新型ワゴンR・スティングレーの凄いところは、プラットフォームが一新されていて、現行モデルよりも軽量化することに成功している点ですね。軽量化ができれば、そのぶん燃費も良くなります。プラットフォームは先述している通り、車の骨格のようなものなのですが、それの耐久性を維持したまま軽くすることは難しい技術です。

WS000066
画像引用元:http://car-moby.jp

ですから現行モデルよりも値上がる可能性もあるのですが、値上がると売れにくいので、やはり新型も現行と同じくらいに落ち着いてくるだろうという印象です。

いつ発売するのか?

では、最後に発売日についてです。

2016年内だということは、もうかなり濃厚になってきています。

で、最初の予想では多くの方が2016年の9月だと言っていました。ですが、そのわりには現時点で最新ニュースが入ってこないので、それもちょっと怪しくなっています。

ということで個人的な予想はこうです。

■ 新型ワゴンR・スティングレーの発売日

2016年10月下旬くらい?

いずれにせよもうしばしのお待ちを...といった感じですかね。

では以上、新型ワゴンR・スティングレーのまとめでした。

追記:発売遅延・延期になっています!

追記です。(2016/8/31)

新型ワゴンRのみならず、スズキ全体で新車スケジュールの遅延があるようです。

遅延の理由は、燃費データの不正問題のせいです。その処理に戸惑っている様子。

ちなみにスズキの主力であるスイフトのモデルチェンジも、来年へと延期になっています。

ですから、ちょっと新型ワゴンRの2016年内の発売がかなり厳しくなってきました。おそらく2017年の2月頃へと遅れるのではないでしょうか。だいたいそのくらいを目処にすると良いと思います。

あくまで今のところですが...

こうなると新型ソリオのハイブリッドも今秋の予定でしたが分かりかねますね。ズルズル発売延期になりそうな予感です。

以上、追記でした。



 - ワゴンR ,