くるまWEB|値引き・買取情報や新型ニュース

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

新型ティグアン値引き【スペック・現行と比較・価格・発売日】

      2017/09/26

フォルクスワーゲンの「ティグアン」が2016年内にフルモデルチェンジされます。

フロントマスクの顔つきも変わっていて、現行より新型ティグアンのが洗練されている印象がしますね。

新型ティグアン値引き【スペック・現行と比較・価格・発売日】
画像引用元:http://carview.yahoo.co.jp

ちなみに発売日は2016年の10月だと言われていますが、延期の可能性も無きにしもあらず...といった感じでしょうか。それについては記事の後半で掘り下げていきます。

ということで、まずは新型ティグアンの値引き相場について、その次にスペックや現行との比較まとめなどをしていきます。

では追っていきましょう。

新型ティグアン(2016年モデル)の値引き相場について

色々と調べた結果、今はこのような額になっています。

■ 新型ティグアンの値引き額

20万円くらい

フォルクスワーゲン自体、そこまで大きく値引きしてガツガツ売っていくようなところではありません。それに値引きというのは、どうしてもブランドとしての価値を左右しかねないので、今回のティグアンも車体価格とオプション料金を合わせて20万円くらいです。

ティグアン価格
画像引用元:http://response.jp/

でもフォルクスワーゲンなど認知度が高く、ブランドイメージの強いメーカーなのに、ここまで値引きが効きそうな会社も珍しいと思います。その車種の価格帯にもよりますが、そもそも値引きに付き合ってくれない海外メーカーもありますので。

あとは値引き額を大きくしようと思ったら、現行ティグアンに狙いを定めたほうが良いと思います。新型モデルの予約やリリースが開始した頃合いというのは、新車の現行ティグアンの値引きが相場よりも高くなる傾向がありますから。もちろんフルモデルチェンジした新型ティグアンじゃなくても構わない、という方に限ったお話ですけどね。

ティグアン高額
画像引用元:http://www.car-review.net

新型ティグアンの予約・発売直後は、愛車を高く売るのがベター

ここまででお伝えした通り、やはり新型ティグアン(2016年モデル)の大幅な値引きは期待できません。このことはそもそも、あなたも重々承知なのだと思います。ディーラーの立場からしたら、リリース直後なのに大きな値引きをする意味がありませんからね。

しかし...少しでも口座にお金を残したいのが人間の性だったりします。

ティグアン値引き

ですので、もしそれでも「新型ティグアンの購入額を、少しでも安く抑えたい!」とお考えでしたら...新型の値引きにエネルギーを割かずに、愛車を高く売ることに注力するのがベターな選択でしょう。

新型の値引きをエサにされて、そのままディーラーに下取りに出すのも1つの手です。ですがディーラーを介さずに、業者さんに愛車を買い取ってもらうと2,30万円くらいの差なら珍しくありません。

WS000038

詳しくは今スグこちらをチェックしてみてください。

⇒ かんたん車査定ガイド

ちなみに、「なぜ買取額に差がつくのか?」という仕組みは、こちらの別記事で解説しています。気になった方はどうぞ。

あなたの車の本当の価値は?高く売って損をしない方法

では少し話がズレましたが、ここから以降では「新型ティグアン(2016年モデル)と現行モデルのスペック・価格、それから発売日」について書いていきます。

新型ティグアン(2016年モデル)の基本スペック

では、ここからは新型ティグアンのスペックなどを詳しく追っていきます。

新型ティグアンの基本スペック 
全長4,486mm
全幅1,893mm
全高1,632mm
ホイールベース2680mm
ラゲッジスペース615L

現行モデルよりもラケッジスペースが広くなり便利になっています。ラケッジスペースとは、簡単に言うとトランクのことです。やはり輸入車のなかでもティグアンを選ぶ方は、比較的アウトドア派な方が多い印象です。ですから、フルモデルチェンジによるラケッジスペースの拡大は喜ばれるでしょうね。

ティグアン交渉
画像引用元:http://www.tomtomsvoice.jp

ちなみに燃費は以下のような感じです。

■ ガソリンエンジン

リッター13.5キロ

■ ディーゼルエンジン

リッター17.5~21キロ

日本メーカーと違って、海外メーカーはカタログ燃費と実際の燃費の差が少ないと言われています。その点を踏まえてみても、まぁぼちぼちといった感じの具合でしょうか。ディーゼルエンジンに関しては流石ですね。

現行ティグアンの基本スペック

新型の基本スペックの次は、現行モデルの基本スペックをまとめてみました。

現行ティグアン(Lounge Edition)の基本スペック 
全長4430mm
全幅1810mm
全高1710mm
ホイールベース2605mm

ちなみに現行モデルのグレードのなかでも「ラウンジ・エディション」のスペックになります。新型のが50~60mmほど全長・全幅が伸びていますね。

写真は現行ティグアンです。
ティグアン

ちなみに現行ティグアン「2.0TSI・ライストン・4モーション」だと、燃費はリッター11.5キロほどです。おそらく新型のガソリンエンジンのほうでも、リッター数キロくらい伸びが良いでしょう。

新型ティグアンのパワートレインも8種類か?

ここまで新型モデルと現行の基本スペックをご紹介しました。主にボディサイズなどですね。

ということで今後は新型ティグアンのパワートレインについて見ていきます。

ティグアン相場
画像引用元:http://www.tomtomsvoice.jp

まだ未確定ではありますが、おそらくガソリンとディーゼルで8種類、それに加えてハイブリッドが採用されると言われています。

ちなみにパワートレインとは、エンジンで作られた回転エネルギーを、しっかりタイヤへと伝えるための構造のことです。パワートレインがきちんとしていないと、たとえ最高のエンジンを使っていても、その性能が100%発揮されません。

 ガソリンエンジンディーゼルエンジンダウンサイジング+プラグインハイブリッド
エンジン直列4気筒+ターボ直列4気筒+ターボ直列4気筒+ターボ+モーター
総排気量2000cc2000cc1400cc
最高出力125、150、180、220ps
(4種)
115、150、190、240ps
(4種)
217ps

やはり気になるのは「ダウンサイジング+プラグインハイブリッド」でしょうか。これに関しては、日本では採用されない可能性もある、という噂もあるようですね。それだとせっかくの売りが失われてしまうので、個人的には日本のラインナップにも欲しいところです。

新型ティグアン値引き相場
画像引用元:http://carinfoj.blog.fc2.com

それからハイブリッド+モーターは、「燃費を良くするために使われている」とよく言われていますが、別に燃費だけの話ではありません。走りの性能、特にパワフルな走行を引き出すために大事なポイントです。だからこそホンダ(アキュラ)の新型NSXやラ・フェラーリにも搭載されるわけです。

ちなみにホンダ(アキュラ)の新型NSXについては、こちらの別記事で書いています。

【動画】アキュラ新型NSXまとめ【値引き・スペック・価格・燃費】

新型NSXのパワートレイン部分についても解説していますが、やはり走りに特化させた新型NSXのが、そこはティグアンよりも優れていると言えますね。といっても、それぞれの特徴やコンセプトが違うので比べるものではありませんが。

ティグアン値引き
画像引用元:http://s-togawa.blog.so-net.ne.jp

新型ティグアン(2016年モデル)の価格はいくら?

さて、気になる日本国内での販売価格ですが...まだフォルクスワーゲンから公式発表がありませんので、ヨーロッパでの販売価格から考えてみます。

■ 新型ティグアンの予想価格

トレンドライン・・・約320万円
コンフォートライン・・・約340万円
ハイライン・・・415万円

モデルラインナップ別の価格はこのくらいですね。現行モデルよりも20万円くらい値上がっているイメージです。やはり現行よりも装備やスペックなどが充実していますからね。

新型ティグアン
画像引用元:http://www.buzzgeekmagazine.com

ちなみに現行ティグアンの「ラウンジエディション」は342万円です。ですから、この値上がりも許容範囲内だと捉えて良さそうです。

新型ティグアンの発売日はいつ?

さて、発売日ですが...早速お伝えすると2016年10月だと見込まれています。

秋ということになりますが、もしかしたら発売延期などが起きて、冬の時期にまでもつれ込む可能性も捨て切れませんね。

新型ティグアンの遭遇情報について

ただ最近は、新型ティグアンに「街なかで遭遇した!普通に走ってた!」ということを時々ネットでも見聞きします。日本国内での話です。

このように偶然、新型ティグアンの後ろ姿を捉えたらしいです。
新型ティグアン値引き
画像引用元:http://golf-diary.blog.so-net.ne.jp

おそらく関係者による新型ティグアンのテストドライブに出くわしたのでしょうね。つまりテストドライブが日本でも実施されているということは、やはり発売時期がかなり近づいていることを意味します。なにかトラブルや不具合が無ければ、もうリリース出来るってことですからね。

となると...やはり2016年10月という説が濃厚でしょうか。本当に延期にならないといいなという感じです。

ちなみにショー展示などをスクープ写真を見ていると、今のところカラーバリエーションは、「ホワイト・ブラック・ブルー・レッド・シルバー」の5色は確実にあるようですね。あとはイエロー系やオフホワイト系などが来るような気がします。

では以上、新型ティグアン情報でした。これ以上のことは今後のフォルクスワーゲンからの公式発表やスクープを頼りにするしかありません。フルモデルチェンジされてデザインの顔つきも変わっているので楽しみです。

”新型ティグアン値引き【スペック・現行と比較・価格・発売日】”でした!



 - ティグアン ,