くるまWEB|値引き・買取情報や新型ニュース

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

新型スイフトスポーツの値引きと納期!発売日と価格まとめ

   

燃費の偽装トラブルがあり、妙な静けさのある今日この頃です。

ですが当初の予定通り、「スイフトスポーツ」がフルモデルチェンジされるようですね。

世界初公開となるのは、「ジュネーブショー2017」になります。ですが、すでに各メディアで、新型スイフトスポーツの外装はもちろんのこと、内装までもスクープされています。

ws000014
画像引用元:http://corriganlawboise.com

現行スイフトスポーツとは、ちょっと一風変わった印象を受けますね。

こちらが現行モデル。
ws000013
画像引用元:http://www.gtnet.co.jp

こちらは予想CGですが、現行よりも精悍な顔つきになるようです。
ws000015
画像引用元:http://xn--ols92r56ds35c.tokyo

ということで、そんな新型スイフトスポーツの値引きと納期について、前半でお伝えしていきます。

そして後半では、発売日と価格、それからスペックについてもまとめていますので、あわせてご覧くださいませ。

新型スイフトスポーツの値引き相場について

■新型スイフトスポーツの値引き額

平均して25万円くらい

現行スイフトのデータを踏まえて検証してみたところ、新型スイフトスポーツは25万円くらいに落ち着くと思います。スズキの傾向によると、オプション料金よりも、車体価格の値引きにウェイトが傾くかもしれませんね。

ちなみに現行スイフトスポーツに関しては、30~40万円くらいの値引き額を推移しています。ですからフルモデルチェンジ後は、さらに大きな値引き額が期待できるかもしれません。とりあえず現行のほうに興味のある方は、頭の片隅にでも覚えておいてください。

ws000016
画像引用元:http://car.kurumagt.com

もともと価格帯自体も、そこまで高い部類ではありません。ですので、やはり新型スイフトスポーツに関しては25万円、それ以上いったとしても30万円くらいになることが予想できます。

新型車は値引きより愛車を高く売るのがベター

ここまででお伝えした通り、やはり新型スイフトスポーツの値引きは期待できません。このことはそもそも、あなたも重々承知なのだと思います。ディーラーの立場からしたら、フルモデルチェンジ直後なのに、たとえば50万円だとか、大きな値引きをする意味がありませんからね。

しかし...少しでも口座に多くのお金を残したいのが人間の性だったりします。

ws000000

ですので、もしそれでも「新型スイフトスポーツの購入額を、少しでも安く抑えたい!」とお考えでしたら...新車の値引きにエネルギーを割かずに、愛車を高く売ることに注力するのがベターな選択でしょう。

新車価格の値引きをエサにされて、そのままディーラーに下取りに出すのも1つの手です。ですがディーラーを介さずに、業者さんに愛車を買い取ってもらうと2,30万円くらいの差なら珍しくありません。

WS000038

詳しくは今スグこちらをチェックしてみてください。

⇒ かんたん車査定ガイド

ちなみに、「なぜ買取額に差がつくのか?」という仕組みは、こちらの別記事で解説しています。気になった方はどうぞ。

あなたの車の本当の価値は?高く売って損をしない方法

では少し話がズレましたが、ここから以降では「新型スイフトスポーツの納期、それから発売日と価格」について書いていきます。

新型スイフトスポーツの納期について

■新型スイフトスポーツの納期

3ヶ月~

正直な話...スズキはどの車種においても、あまり納期が早いほうとは言えません。もちろん生産を終えた車が、たまたま在庫として置いてあったら別ですけどね。

そういう在庫があったりなどの幸運に巡り会えてないと、早い納車は期待できないでしょうね。ちょっと皮肉っぽい言い方になってしまいました。

ws000017
画像引用元:http://car-moby.jp

なかには契約して2ヶ月経過しているのに、いまだに具体的な納車期日を教えてくれないこともあるだとか。決して悪いメーカーではありませんが、どうもディーラーとの連携が取れていないのか?と心配になってしまいますよね...。

別にそういうことは珍しいことなので、基本的には2,3ヶ月はかかると思っておいたほうがよろしいかと思います。

ですから3ヶ月以上はかかると先述しましたが、今回の新型スイフトスポーツも、契約してそれぞれのディーラーとやり取りしてみないことには不確かです。

ws000018
画像引用元:http://car-moby.jp

「スイフト」シリーズの予想スペックまとめ

 スイフト「スポーツ」スイフトスイフト「ハイブリッド」
全長x全幅x全高(mm)4020x1720x1450
ホイールベース(mm)2430
車両重量900~950kg
定員5名
エンジン1.4L 直列4気筒DOHC
(K14C型)
1.0L 直列4気筒DOHC
(K10C型)
1.2L 直列4気筒DOHC
(K12C型)
最高出力150ps/5500rpm64ps/6000rpm64ps/6400rpm
最大トルク25.0kgf.m/1500-4000rpm10.6kgf.m/2600rpm9.4kgf.m/3200rpm
ISGモーター-WA05A
モーター最高出力3.1ps/1000rpm
モーター最大トルク5.1kgf.m/100rpm
駆動方式FFFF・4WD
燃費リッター25.0キロリッター20.0キロFF:リッター28.0キロ
4WD:リッター25.4キロ
トランスミッション6MT・6速AT6速ATCVT

せっかくなのでスイフトスポーツのみならず、他の2種類もまとめておきました。

パワートレインは、直3の1L直噴ターボ「ブースタージェット」が中心です。ですがフルモデルチェンジされた今回から、ハイブリッドモデルも設定されているようですね。予想していなかったの驚きました。

ws000020

なんにせよ...現行の時点ですでに「ターボが欲しい!」と言われていましたから、ついにターボが来たか!という印象です。

プラットフォームは、バレーノで初採用された「Bプラットフォーム」。軽量化に成功しているおかげで、重量も抑えられていますね。

ws000019
画像引用元:http://suibarasharyo.jp

新型スイフトスポーツの発売日は遅延する!?

■新型スイフトスポーツの発売日

2017年の春ごろ

とりあえず現段階では、2016年内は無く、2017年の春ごろになると予想されています。

ただ色々とトラブルが続いたことで、この2017年の春というのも遅れる可能性がありますね。

ws000021
画像引用元:http://response.jp

もしかしたら、もう少し業界全体の雰囲気を見ながらタイミングを図るかもしれません。それか開発が遅れることも無きにしもあらず...ですね。

2017年の「ジュネーブショー」での発表で、もう少し具体的なニュースが舞い込んでくるでしょう。それまでは、ちょっと未確定な部分が多いです。

新型スイフトスポーツの気になる価格は?

■新型スイフトスポーツの価格

210万円~

今回のフルモデルチェンジは大幅な改善がされています。ですから、おそらく現行よりも値上がります。

ターボエンジン搭載やプラットフォームの一新などがあるので、とてもじゃありませんが現行と一緒の価格というのは現実味がありません。

ws000022
画像引用元:http://carinfoj.blog.fc2.com

ちなみに現行スイフトスポーツの価格は、2WDの6MTで約173万円になります。ですから新型は20~30万円くらい上乗せさせるかも?という予想になります。

そこそこ大きな値上げに思うかもしれませんが、それだけパフォーマンスは向上しているはずです。決してコスパが悪くなったという訳ではありませんよ。

ws000023
画像引用元:http://xn--ols92r56ds35c.tokyo

スイフトと他社のコンパクトカーを比較してみた!

さて、せっかくなのでコンパクトカーの関連記事をご紹介させてください。

こちらの記事では、現行スイフトを含めたコンパクトカー4車種を、色んなアングルから比較しています。

1.2Lのコンパクトカー比較!フィット・デミオ・スイフト・ノート

本気で乗り換えを検討している方は、目を通してみても良いかと思います。

ws000024
画像引用元:http://www.corism.com

それから、「予算200万円&排気量1000cc前後」という条件をつけて比較した記事もあります。

こちらはスイフトは登場しませんが、条件を満たす国内外のコンパクトカー5車種を比べています。

予算200万円&排気量1000cc前後のコンパクトカー比較!

こちらの結果も、なかなか面白くなったのではないでしょうか。

もし新型スイフトスポーツに乗り換えるなら...

今回の新型スイフトスポーツへの乗り換えを検討していらっしゃる方に朗報です。

今のところ最も経済合理的に、「新型スイフトスポーツ」へと乗り換える方法をお伝えしますね。

ws000076

早速ですが結論をお伝えします。

もし、あなたが今の愛車を下取ってもらうつもりでいるのであれば、ディーラーに行く前に一括査定サービスで見積もってもらってみてください。

ディーラーに下取りに出すよりも、ウンと高く買い取ってもらえるケースが多々あります。

これはディーラーとの交渉を、優位に進めることにも役立ちます。

特に最近はディーラーに行ったときに、「一括査定では○○万円だったよ?」と言って、足元を見られてないようにしている賢い方が増えているようです。

まったくの無知だとナメられて、愛着のある車を安く買い叩かれるのは勘弁ですからね...

ws000066

ある意味、値引き交渉テクニックのひとつにもなる台詞ですよね。

もちろん満足のいく買取金額であれば、ディーラーで下取りをしてもらわずに、そのまま買取業者さんにお願いするのがベストです。

冒頭でもお伝えしましたが、値引きはキツイですし..

一括査定サービスを試す方は、こちらからどうぞ。

⇒ かんたん車査定ガイド



 - スイフト , , ,