くるまWEB|値引き・買取情報や新型ニュース

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

新型ルーミーの値引きと納期!モデリスタのエアロパーツ価格一覧あり

      2016/11/21

2016年11月9日にトヨタから新型ルーミーが発売されましたね。

ws000002

ちなみに2016年11月21日に発売するスバル「ジャスティ」と同じく、ルーミーはダイハツからのOEM供給車です。つまりダイハツが作った車を、各メーカーで名前を変えて発売しているわけですね。

ちなみにこちらがスバル「ジャスティ」と記事と写真になります。

新型ジャスティの値引きと納期!燃費・カラー9種類・価格まとめ

ws000000

ちなみによく「ルーミー/タンク」という名称が出回っていますが、これはどういうことかというと...店舗別でネーミングが異なるということです。ちょっと複雑ですよね。

トヨタ店、カローラ店では「ルーミー」。トヨペット店、ネッツ店では「タンク」と呼ばれています。基本的にパワートレインなどのスペックは変わりなく、大きな違いは、それぞれのデザインコンセプトに基いて仕上がっているという点です。

ルーミーのデザインコンセプトは「品格と艶やかさ」
ws000001

そしてタンクは「ダイナミックさとアグレッシブさ」とのことです。
ws000003

どちらを買うか?というのは、もう完全に好みの世界ですね。

ただ今回、ルーミー専用のモデリスタエアロパーツも同時発売されているので、それを見てから考えても良いかと思いますよ。記事の中盤あたりで専用エアロパーツ別に価格と写真を載せていこうと思います。

では、まずはトヨタ新型ルーミーの値引きと納期について先にまとめていきます。

新型ルーミーの値引き相場について

■新型ルーミーの値引き額

20万円くらい

そこまでガッツリ値引きができるような価格帯では無いので、まぁディーラーさんと交渉して20万円も値引きしてもらえたら御の字と言えるでしょうね。

ただ、もしモデリスタのエアロパーツまでセットで購入するのであれば...もうちょっとオプション料金を値引きしてもらえる可能性もあります。といってもプラス数万円の値引きくらいでしょうけど。

ws000004

あと先述した通り、新型ルーミーはOEMですのでトヨタは開発コストを割かずに売り出すことができています。ですから交渉次第では融通が効かないこともないかもしれないので、ダメ元で提案してみるのもポイントです。そのあたりを踏まえての値引き相場になりますね。

値引きは期待できません!

繰り返しお伝えしておきますが...

やはり新型ルーミーの値引きは厳しいです!

トータル10万円でも値引かれたら上出来ですね。

このことはそもそも、あなたも重々承知なのだと思います。ディーラーの立場からしたら、特別仕様車なのに、たとえば50万円だとか...大きな値引きをする意味がありませんので。

ws000005

少しでも銀行口座に残したいなら...

でも...少しでも口座に多くのお金を残したいのが人間の性だったりしますよね。

ws000000

ですので、それでも「新型ルーミーの購入額を、少しでも安く抑えたい!」とお考えでしたら...新車の値引き交渉にエネルギーを割かずに、愛車を高く売ることに注力するのがベターな選択でしょう。

新車価格の値引きをエサとして提示されて、それを条件にディーラーに下取りに出すのが今までの流れでした。

完全にディーラーが有利な立場で、こちらは従うのみしかありませんでした。

ですがもう変わってきています。ディーラーを介さずに、業者さんに愛車を買い取ってもらうと2,30万円くらいの差なら珍しくありません。

WS000038

つまり業者さんに一括査定してもらい、その提示額を武器にすることで、ディーラーと対等に話を進めることができます。もちろん、そのまま業者さんに買取に出す方も多いです。結果的にお得だったりするので。

ただディーラーさんと長い付き合いがある方だっていらっしゃると思います。ですから値引き交渉時の武器として、とりあえず一括査定サービスを試してみることをオススメしています。実際、多くのオーナーさんに喜んでもらってますよ。

ディーラーに行く前に済ませておこう
詳しくは今スグこちらをチェックしてみてくださいね。

⇒ かんたん車査定ガイド

ちなみに、「なぜ買取額に差がつくのか?」という仕組みは、こちらの別記事で解説しています。気になった方はどうぞ。

あなたの車の本当の価値は?高く売って損をしない方法

では少し話がズレましたが、ここから以降では「新型ルーミーの納期やスペック、それからモデリスタのエアロパーツ価格一覧」について書いていきます。

新型ルーミーの納期について

■新型ルーミーの納期

1ヶ月以上

今回の新型ルーミーの発売日は2016年11月9日でした。ですから、すでに予約済みの方であれば、もしかしたら年内までに納車が間に合うかもしれません。もちろん在庫やバックオーダーの量との兼ね合いもありますが...。

発売を過ぎた今であれば、おそらく2017年に持ち越しになると思います。ですがトヨタの生産ラインは比較的、他のメーカーと比べて余裕があるらしいので、1ヶ月くらいが平均の納車期となりそうです。最大で2ヶ月かかるイメージです。

ws000006

新型ルーミー「グレードG(2WD)」のスペックまとめ

 新型ルーミー「グレードG(2WD)」のスペック
ボディサイズ3700x1670x1735mm
ホイールベース2490mm
搭載エンジン直列3気筒DOHC
(1KR-FE)
排気量0.996L
最高出力51[69]/6,000
最大トルク92[9.4]/4,400
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッションCVT
燃費リッター24.6キロ
総重量1345kg

さて今回のOEMによってルーミー(タンク)スバルのジャスティ、それから供給元のダイハツからトールという3車種がリリースされることになります。そして、やはりライバル車はコンセプトなトールワゴン業界で現ナンバーワンのスズキ「ソリオ」でしょう。

ws000007
画像引用元:http://toyokeizai.net

で、燃費に関してはソリオのハイブリッドのがルーミー達よりも優れていたりします。カタログ燃費リッター27.8キロですからね。

ソリオ「ストロングハイブリッド」の値引きと納期!発売日と価格まとめ

しかし、ソリオにはハイブリッド仕様車がある代わりに、ルーミーにはターボ仕様車があります。

つまり純粋なコスパだけで考えたらソリオ、より走りを追求する方針であればルーミーのターボということになるでしょう。それにルーミーのターボ仕様は、ターボ車のなかでも燃費も良いほうです。

ws000008

もし新型ルーミーとソリオのハイブリッドと迷っているのであれば、とりあえず1つ参考にしてみてくださいね。

新型ルーミーのモデリスタエアロパーツの価格一覧!

では気になるルーミー専用エアロの話です。

これはライバル車のソリオのみならず、ジャスティやトールなど他のOEM同期との差別化にもなるポイントだと思います。モデリスタのエアロパーツですが、そこまで値段も張らないので検討してみるとの良いでしょう。

ws000009

モデリスタ・エアロキット

■ MODELLISTA エアロキット(LED付)
(フロントスポイラー(LED付)+サイドスカート+リヤスカートのセット)

塗装済:14万4720円
素地:12万7440円

■ MODELLISTA エアロキット
(フロントスポイラー+サイドスカート+リヤスカートのセット)

塗装済:11万3400円
素地:9万6120円

設定:全車(除くリヤフォグランプ装着車)

ws000010

画像の上が「LED付きのフロントスポイラー(塗装済:8万4240円・素地:7万7760円)」、下がノーマルな「フロントスポイラー(塗装済:4万9680円・素地:4万3200円)」です。

やはりLEDイルミネーションがあったほうが映えるのは確かですね。

「リヤスカート(塗装済:3万240円・素地:2万5920円)」のエアロはこんな感じ。

ws000011

それからモデリスタ・エアロキットには「サイドスカート(塗装済:3万240円・素地:2万5920円)」も付きます。

モデリスタ・セレクション

■ クールシャインキット
(ロアグリルガーニッシュ+バックドアガーニッシュのセット)

4万4280円

設定:全車

ws000012

「ロアグリルガーニッシュ(2万3760円)」「バックドアガーニッシュ(2万4840円)」です。

これはなかなか存在感がありますね。

あと個人的に気になったエアロパーツを価格と一緒に並べておきます。

「インテリアパネルセット(2万7000円)」です。ウッド・ブラックウッド・ピアノブラック調の3種類から選ぶことができます。
ws000013

「リヤスポイラー(塗装済:3万7800円・素地:3万3480円)」、あるのと無いのとでは印象がガラッと変わりそうです。
ws000014

「LEDスマートフットライト(2万3760円)」、こういう細かな演出があるとカッコイイですよね。
ws000015

ということでモデリスタの新型ルーミー専用エアロパーツでした。

新型ルーミーのグレード別価格は?

グレード駆動方式燃費価格(税込)
カスタムG-T2WDリッター21.8キロ196万5600円
カスタムG“S”2WDリッター24.6キロ183万6000円
4WDリッター22.0キロ200万8800円
カスタムG2WDリッター24.6キロ177万1200円
4WDリッター22.0キロ194万4000円
G-T2WDリッター21.8キロ180万3600円
G“S”2WDリッター24.6キロ168万4800円
4WDリッター22.0キロ185万7600円
G2WDリッター24.6キロ162万円
4WDリッター22.0キロ179万2800円
X“S”2WDリッター24.6キロ152万8200円
4WDリッター22.0キロ170万1000円
X2WDリッター24.6キロ146万3400円
4WDリッター22.0キロ163万6200円

可もなく不可もない価格帯というイメージです。燃費や維持費、それからエコカー減税率などからコストパフォーマンスを考えてみると、やはりコンパクトカー特有の良さがあると思います。

それに下記で紹介しておきますが...愛車の買取額もガッツポーズが出るくらい満足のいく見積もりをしてもらえたらすんなり経済的にダメージや抵抗もなく手に入れられることが出来てしまいますね。

ws000016

もし新型ルーミーに乗り換えるなら...

最後に新型ルーミーへの乗り換えを検討していらっしゃる方に朗報です。

今のところ最も経済合理的に、次の車種へと乗り換える方法をお伝えしますね。

ws000076

早速ですが結論をお伝えします。

もし、あなたが今の愛車を下取ってもらうつもりでいるのであれば、ディーラーに行く前に一括査定サービスで見積もってもらってみてください。

つまり値引きよりも、愛車の買取額をなるべく高めて、トータルした購入予算を抑えたほうが理にかなってるのです。

「なぜディーラーに行く前に、一括査定サービスを使ったほうが良いのか?」

というと...ディーラーに下取りに出すよりも、ウンと高く買い取ってもらえるケースが多々あるからです

ws000025

これはディーラーとの交渉を優位に進めることにも役立ちます。

特に最近はディーラーに行ったときに、「一括査定では○○万円だったよ?」と言って、足元を見られてないようにしている賢い方が増えているようです。

まったくの無知だとナメられて、愛着のある車を安く買い叩かれるのは勘弁ですからね...

選択肢が多いに越したことありません。

ws000066

ある意味、値引き交渉テクニックのひとつにもなる台詞ですよね。

もちろん満足のいく買取金額であれば、ディーラーで下取りをしてもらわずに、そのまま買取業者さんにお願いするのがベストです。

値引きがキツイなら愛車の買取額で勝負!
一括査定サービスを試す方は、こちらからどうぞ。

すぐに済むので、とりあえずパパッと気軽にフォーム入力してみてくださいね。

⇒ かんたん車査定ガイド

愛車が高く見積もってもらえるというのは、やはりオーナー冥利に尽きるものです。



 - ルーミー ,