くるまWEB|値引き・買取情報や新型ニュース

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

新型プリウスPHVの値引き!【スペック・現行との比較・価格とコスパ】

      2016/09/08

2016年の秋から発売延期になった新型プリウスPHV

延期して2016年の冬となった訳ですが、続々とスクープされる最新情報はいつもウキウキしてくるものばかりです。それくらい今回フルモデルチェンジされた新型プリウスPHVには期待が大きいです。

WS000072
画像引用元:http://news.mynavi.jp

デザイン性はもちろん、あとで詳しく書きますが、すでに試乗した方からも走行性能が評判が良いです。

では、そんな新型プリウスPHVの値引き相場、それから記事の後半からスペックやグレード別の価格、内装備についてまとめていきます。

WS000073
画像引用元:http://autoc-one.jp

それから最後の部分には、今回のフルモデルチェンジの見どころ4点について解説するつもりです。

それでは、まず前半は値引きについてです。

新型プリウスPHV(2016)の値引き相場について

では、まずは値引き情報について触れていきます。

■ 新型プリウスPHVの値引き額

5万円

ちょっと期待は薄いですね。この記事でもドンドン解説していきますが、今回のフルモデルチェンジされた新型プリウスPHVは、かなり売れ行きが良い可能性が高いです。

ですから、おそらく予約段階から在庫切れを起こして、とても値引きして売っていくような状況になるとは考えにくいです。そのくらい注目度が高いです。

WS000074
画像引用元:http://headlines.yahoo.co.jp

そもそも車体価格も、新型PHVのコストパフォーマンスを考えたときに悪くないので、やはり値引きは厳しいという見解になります。ノーマルプリウスのほうが値引き額はあるのではないでしょうか。

それから一応ですが、補助金については10万円もらえたらラッキーという感じのようですね。あまり補助金を頼りに考える方は少ないかもしれませんが、とりあえず最高でも10万円くらいと覚えておけば良いかと思います。

ちなみに現行プリウスからの乗り換えを検討している方は、こちらの別記事も合わせてどうぞ。

プリウスの買取!刈谷まとめ【手放す意外な3つの理由】

WS000075
画像引用元:http://car-moby.jp

新型プリウスPHVの予約・発売直後は、愛車を高く売るのがベター

ここまででお伝えした通り、やはり新型プリウスPHV(2016年モデル)の大幅な値引きは期待できません。このことはそもそも、あなたも重々承知なのだと思います。ディーラーの立場からしたら、リリース直後なのに大きな値引きをする意味がありませんからね。

しかし...少しでも口座にお金を残したいのが人間の性だったりします。

WS000031

ですので、もしそれでも「新型プリウスPHVの購入額を、少しでも安く抑えたい!」とお考えでしたら...新型の値引きにエネルギーを割かずに、愛車を高く売ることに注力するのがベターな選択でしょう。

新型の値引きをエサにされて、そのままディーラーに下取りに出すのも1つの手です。ですがディーラーを介さずに、業者さんに愛車を買い取ってもらうと2,30万円くらいの差なら珍しくありません。

WS000038

詳しくは今スグこちらをチェックしてみてください。

⇒ かんたん車査定ガイド

ちなみに、「なぜ買取額に差がつくのか?」という仕組みは、こちらの別記事で解説しています。気になった方はどうぞ。

あなたの車の本当の価値は?高く売って損をしない方法

では少し話がズレましたが、ここから以降では「新型プリウスPHV(2016年モデル)と現行モデルのスペック・グレード別の内装備と価格、さらにモデルチェンジ内容4点」について書いていきます。

新型プリウスPHVのスペック!現行と比較

新型プリウスPHVと現行モデルのスペック表を作りました。

新型PHVと現行モデルのスペック新型プリウスPHV(2016)現行モデル
グレード-S
全長x全幅x全高4645x1760x14704540x1760x1470
ホイールベース2700mm2700mm
車両重量1510kg1360kg
エンジンタイプ直4DOHC+モーター直4DOHC+モーター
総排気量1797cc1797cc
最高出力73kw(99pc)/5200rpm72kw(98pc)/5200rpm
最大トルク142Nm(14.5kg-m)/4000rpm142Nm(14.5kg-m)/3600rpm
モーター最高出力53kw(72ps)53kw(72ps)
モーター最大トルク163Nm(16.6kg-m)163Nm(16.6kg-m)
システム最高出力90kw(122ps)90kw(122ps)
トランスミッション電気式無断変速機電気式無断変速機
走行燃費-リッター37.2キロ
ハイブリッド燃費リッター37.0キロ-
EV走行換算距離60キロ以上-
タイヤサイズ195/60R15185/60R15

どうでしょうか。比べてみて何か参考になったら嬉しいです。

ちなみに新型プリウスPHVを試乗した方のレポートによると、「ゼロからの発進・加速が、ノーマルプリウスとは次元が違った。」とのことです。例えば、高速道路の料金所などで一度ほぼ停止することになりますが、そこからアクセルを踏んだときの感触が全く違うようです。これは何とも期待感が膨らみますね。

WS000076
画像引用元:http://ganbaremmc.exblog.jp

過去に現行プリウスオーナーさんから、動力性能について不満の声が挙がることがありました。しかし今回の新型では、「ディアルモータードライブシステム」をフル活動させています。モデルチェンジした新型では、それが功を成しているのでしょう。

カラーバリエーションは9色

ちなみにカラーは9色あるそうです。

WS000071

青系のスピリテッドアクアメタリック、赤系のエモーショナルレッド
黄色系のサーモテクトライムグリーン、銅系のスティールブロンドメタリック
黒系のアティチュードブラックマイカ、灰系のグレーメタリック
白銀系のシルバーメタリック、白系のホワイトパールクリスタルシャイン
白系のスーパーホワイトII

ちなみに画像の色の配列順に紹介してあります。

2016年3月のニューヨークショーの発表では、黄色系のサーモテクトライムグリーンが中心に出てきました。映えた色なので、街にいたらかなり目立つ色ではありますが、もしかしたら人気色になるかもしれませんね。

WS000077
画像引用元:http://www.nikkei.com

グレード別の内装備と価格まとめ

ではこちらは、新型プリウスPHVのグレード別に、内装備と価格のまとめです。

少し分かりにくいですが...グレード名の直下に価格を書いています。

SグレードA グレードA プレミアム グレード
320~330万円380万円くらい420万円くらい
トヨタセーフティセンスPLEDフォグランプ急速充電対応
スーパーUVカット遮音ガラス急速充電対応11.6インチナビ
本革巻ステアリングドアミラーヒーターリアカメラ
シートヒーター11.6インチナビUSB、AUX端子
リアカメラAC100Vコンセント
USB、AUX端子給電用パワーコネクター

おそらくメインはAグレードになるでしょうか。というのも、Sグレードはナビ機能がオプションに含まれているため、ナビ機能が標準装備されているグレードAのほうに人気が集まりそうです。

WS000078
画像引用元:http://voice-mediajapan.com

ちなみに「急速充電対応」については、この記事の以降でザックリとですが解説しています。興味がある方はチェックしてみてくださいね。

ノーマルプリウスよりPHVのがコスパが良い!?

新型プリウスPHVの価格については、それぞれグレード別にお伝えした通りです。

よくよく考えてみて欲しいのですが...新型プリウスの約320~30万円くらいの価格というのは、ノーマルプリウスにプラス50万円くらい乗せただけの値段だったりします。

WS000079
画像引用元:http://yorutono.jugem.cc

ノーマルよりも新型プリウスPHVのが色々と内容や性能が充実しているにも関わらず、それがもう50万円程度を上乗せするだけで手に入ってしまうのです。つまり、コストパーフォーマンスが抜群に良いということです。個人的にはそう思いますがいかがでしょうか。

しかも今回のフルモデルチェンジで採用された「カーボンリヤゲート」だけでも、素材から考えると非常に高価なはずです。それでも新型の価格は抑えられているので感心してしまいます。

WS000080
画像引用元:http://techon.nikkeibp.co.jp

今回のようなフルモデルチェンジによって、スペックや利便性が高まることはもちろん、価格面についてもコスパが上がっていると嬉しくなりますね。これは大きく売れるのではないでしょうか。2016年の冬が楽しみです。

ちなみに「カーボンリヤゲート」については、今から以下で説明していきます。

新型プリウスPHVの先進装備4点!

それでは今回のフルモデルチェンジによって生まれ変わった、新型プリウスPHVの先進装備4点を見ていきます。

WS000081
画像引用元:http://autoc-one.jp

どれもトヨタの先進技術が駆使されていて、ソラーパワーを使ったテクノロジーなどは目玉ですね。2016年3月に開催されたニューヨークショーでも、トヨタは以下の4点を推していたらしいです。

では簡単にではありますが解説させて頂きます。

1.大型ディスプレイ

個人的には、SF映画にでも登場しそうなパッと見からもう格好いいなと思ってしまいます。

WS000067
画像引用元:http://allabout.co.jp

縦型11.6インチの大型ディスプレイはトヨタ初のようです。

「T-connect SDナビゲーションシステム」が採用されていて、運転者にとってストレスも無くより操作しやすいナビになっています。ちなみに基本的に操作はすべてタッチパネル式のようですね。

2.ソーラー充電システム

そしてお次は、太陽光発電をするための大型ソーラーパネルです。ルーフに搭載されています。

このソーラー充電システムは、世界初の機構となっているようです。さすがトヨタですね。充電された電力エネルギーは、駆動用バッテリーと12Vバッテリーへと供給されていきます。

WS000068
画像引用元:http://response.jp/

何だか凄く目立つように見えるかもしれませんが、そこまで見た目を損ねる心配もありません。

3.急速充電

それから急速充電システムです。

普通充電とCHAdeMO規格(チャデモ)に対応した急速充電の2つを使うことができます。

WS000069
画像引用元:http://phev.blog.fc2.com

ちなみに走っている最中でも、エンジンを発電させることによって、充電をすることもできるらしいです。PHV車はやはり充電切れなどが気になるところですが、今後はその手のトラブルを気にしなくて済むようになるのかもしれません。

4.カーボンリヤゲート

そして最後は「カーボンリヤゲート」です。

その名の通り、カーボンを使って素材として使っているようです。カーボンなら軽いうえに衝突時などの安全性を犠牲にせずに済むので、これによって燃費にも良い影響を与えている可能性があります。

WS000070
画像引用元:http://car-kounyu-110.com

ちなみにトヨタのカーボンを使った製造技術は、「レクサスLFA」という車種を作る過程で培われたノウハウが土台になっているらしいです。色んなコンセプトで展開して、さらに他の車種でそのノウハウを活かしていけるのは、さすが世界的な大企業トヨタの強みですね。

最後にこちらの動画はナビを実際に操作しているシーンだったり、実物のデザインが見やすいです。「Smart Community Japan 2016」での展示の様子らしいですね。興味がある方は覗いてみてください。イメージが湧いてきます。

ということで以上、2016年冬に発売すると言われている新型プリウスPHVの最新情報まとめでした。もしかしたらまた発売延期などあるかもしれませんが...おそらく2016年内には必ずリリースされるのではないでしょうか。早く街で見てみてたいところです。



 - プリウス ,