くるまWEB|値引き・買取情報や新型ニュース

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の値引きと納期について

   

日産のEVモーター100%駆動のノート「e-POWER」

ついに2016年12月12日に、NISMO特別仕様車がリリースされました。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」
画像引用元:http://autoc-one.jp

ニスモ特有のデザインがかっこいいですね。

もちろんデザインのみならず、ニスモ専用装備も充実してますよ。それについては後で詳しく書いていきます。

ということで今回は、新型ノートEV「e-POWER NISMO」の値引きと納期、それから3ドライブモードなどの特別装備と価格についてまとめていきます。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の値引き相場について

■新型ノートEV「e-POWER NISMO」の値引き額

10~15万円くらい

だいたい新車価格の5%未満くらいの値引き額ですね。

ちなみにNISMOではなく、普通のノート「e-POWER」についても、15万円くらいの値引き額になっています。ですが今回12月12日発売の新型ノートEV「e-POWER NISMO」のほうが、新車の車体価格はもう少し高いです。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の値引き

ですから、やはり新型ノートEV「e-POWER NISMO」のほうが渋った値引き額になりますし、値引きしてもらえなかった話もチラホラ聞きます。

ニスモ特別仕様モデルですから、そもそも値引きされるかどうか?も怪しいところです。

ということで、「少しでも値引きしてもらえたらラッキー!」くらいの心構えが良いと思います。

値引きは期待できません!

繰り返しお伝えしておきますが...

やはり新型ノートEV「e-POWER NISMO」の値引きは厳しいです!

トータル10万円でも値引かれたら上出来ですね。

このことはそもそも、あなたも重々承知なのだと思います。ディーラーの立場からしたら、モデルチェンジ直後なのに、たとえば50万円だとか...大きな値引きをする意味がありませんので。

少しでも銀行口座に残したいなら...

でも...少しでも口座に多くのお金を残したいのが人間の性だったりしますよね。

ws000000

ですので、それでも「新型ノートEV「e-POWER NISMO」の購入額を、少しでも安く抑えたい!」とお考えでしたら...新車の値引き交渉にエネルギーを割かずに、愛車を高く売ることに注力するのがベターな選択でしょう。

新車価格の値引きをエサとして提示されて、それを条件にディーラーに下取りに出すのが今までの流れでした。

完全にディーラーが有利な立場で、こちらは従うのみしかありませんでした。

ですがもう変わってきています。ディーラーを介さずに、業者さんに愛車を買い取ってもらうと2,30万円くらいの差なら珍しくありません。

WS000038

つまり業者さんに一括査定してもらい、その提示額を武器にすることで、ディーラーと対等に話を進めることができます。もちろん、そのまま業者さんに買取に出す方も多いです。結果的にお得だったりするので。

ただディーラーさんと長い付き合いがある方だっていらっしゃると思います。ですから値引き交渉時の武器として、とりあえず一括査定サービスを試してみることをオススメしています。実際、多くのオーナーさんに喜んでもらってますよ。

詳しくは今スグこちらをチェックしてみてくださいね。

⇒ かんたん車査定ガイド

ちなみに、「なぜ買取額に差がつくのか?」という仕組みは、こちらの別記事で解説しています。気になった方はどうぞ。

あなたの車の本当の価値は?高く売って損をしない方法

では少し話がズレましたが、ここから以降では「新型ノートEV「e-POWER NISMO」の納期やドライブモードなどの専用装備、それから価格」について書いていきます。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の納期について

■新型ノートEV「e-POWER NISMO」の納期

1ヶ月くらい

すでに契約しているオーナーさんであれば、意外と早く納車されるようです。

というのも...やはりNISIMO特別仕様モデルと、通常モデルのノート「e-POWER」とで、生産しているライン工場が違うようです。ですから、お互いにスケジュールを喰うことが無いので、比較的スムーズに作られ入荷されているらしいですね。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の納期

ただ12月12日以降の契約となると、納期がもう少し遅くなる可能性もあります。

特別仕様車というのは、最初に予定数まで生産されます。まとめて一気に生産されるイメージですかね。

なぜなら発売日直後をピークに注文されなくなってくるからです。発売日を大きく過ぎた以降は、のんびりしたペースで作られるという話を関係者さんから聞いたことがあります。

ws000282

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の特別装備!

まず新型ノート「e-POWER」のスペックについては、こちらの記事でまとめています。

新型ノートEV「e-POWER」の発売日とグレード別装備一覧!

で、新型ノートEV「e-POWER NISMO」の特別装備ですが...特に気になるのは「3ドライブモード」でしょうか。

ws000284

通常モデルのノート「e-POWER」には、エコモードという運転モードがあります。

簡単にいうと、パワーを抑える代わりに燃費が良くなるモードということですね。実際に「エコモードだと実エンピがすごくいい!」ということを聞いています。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の内装と特別装備
画像引用元:http://autoc-one.jp

そして、新型ノートEV「e-POWER NISMO」にはエコモード以外にも、「NORMAL」モード・「S」モードという2つのモードが特別に設定されています。

この3つのドライブモードを駆使することで、エコドライブ~力強く心地よいスポーツドライブまで体感することができます。

あと具体的な専用装備については、以下に挙げておきますね。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の主な専用装備

上記で紹介した3ドライブモードのほかに、こんな専用装備があります。

●NISMO専用エンブレム(フロント/リヤ)
●e-POWERエンブレム
●専用フロントバンパー
●YOKOHAMA DNA S.driveタイヤ&16インチアルミホイール
●専用エキゾーストテールエンド(テール径:Φ85)
●専用アルミ製アクセル・ブレーキペダル
●専用アルミ製フットレスト(nismoロゴ入り)
●専用チューニングコンピューター(VCM)
●専用サスペンション
●フロント強化スタビライザー
●専用ボディ補強(フロントクロスバー/フロントサスペンションメンバーステー(トンネルステー)/トンネルステー/リヤサスペンションメンバーステー/リヤクロスバー)
●専用車速感応式電動パワーステアリング
●e-POWER専用ファインビジョンメーター(nismoロゴ入り)
●専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)&ドアトリム

ws000285

ノート「NISMO」シリーズの主な共通装備

こちらは新型ノートEV「e-POWER NISMO」・ノート「NISMO」・ノート「NISMO S」の3車種の主な共通装備リストです。

●専用フロントグリル
●専用リヤバンパー(リヤフォグランプ付)
●専用ルーフスポイラー
●専用サイドシルプロテクター
●シャークフィンアンテナ
●専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
●専用本革・アルカンターラ®巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ、ガンメタクローム加飾付)
装備引用元:http://www2.nissan.co.jp/NOTE/note_e-power_nismo.html

ws000286

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の気になる価格は?

■新型ノートEV「e-POWER NISMO」の価格

245万8080円(税込み)

ちなみに通常ノート「e-POWER」グレードSが、177万2280円になります。さらにグレードXモード・プレミアだと169万200円です。

それから「e-POWER」グレードMEDALISTが、224万4240円

それを踏まえると、プラス20~80万円くらいの価格差がありますね。コスパだけで考えると、それだけの価値があるのか判定が難しいところです。

新型ノートEV「e-POWER NISMO」の価格

ですがNISMOだけの専用装備が設定されていて、唯一無二なプレミアム感が味わえることは確かです。ぜひ検討してみてくださいね。

新型セレナ「e-POWER」が2017年に発売か!?

それから最近になって初めて知った最新ニュースですが、どうやらセレナにも「e-POWER」モデルが追加されるらしいです。

発売日は2017年になるようですが、もしかしたら...さらにセレナ「e-POWER NISMO」がでてきても可笑しくないですね。

新型セレナ「e-POWER」
画像引用元:https://car.kurumagt.com

まだわかりませんが、出るならちょっと楽しみですね。日産の最新発表を待ちましょう。

ちなみにセレナの記事はこちらです。

5代目セレナ(C27)の値引き相場!【プロパイロット徹底解説!】5代目セレナ(C27)の値引き相場!【プロパイロット徹底解説!】

もし新型ノートEV「e-POWER NISMO」に乗り換えるなら...

最後に新型ノートEV「e-POWER NISMO」への乗り換えを検討していらっしゃる方に朗報です。

今のところ最も経済合理的に、次の車種へと乗り換える方法をお伝えしますね。

ws000076

早速ですが結論をお伝えします。

もし、あなたが今の愛車を下取ってもらうつもりでいるのであれば、ディーラーに行く前に一括査定サービスで見積もってもらってみてください。

つまり値引きよりも、愛車の買取額をなるべく高めて、トータルした購入予算を抑えたほうが理にかなってるのです。

「なぜディーラーに行く前に、一括査定サービスを使ったほうが良いのか?」

というと...ディーラーに下取りに出すよりも、ウンと高く買い取ってもらえるケースが多々あるからです

ws000025

これはディーラーとの交渉を優位に進めることにも役立ちます。

特に最近はディーラーに行ったときに、「一括査定では○○万円だったよ?」と言って、足元を見られてないようにしている賢い方が増えているようです。

まったくの無知だとナメられて、愛着のある車を安く買い叩かれるのは勘弁ですからね...

選択肢が多いに越したことありません。

ws000066

ある意味、値引き交渉テクニックのひとつにもなる台詞ですよね。

もちろん満足のいく買取金額であれば、ディーラーで下取りをしてもらわずに、そのまま買取業者さんにお願いするのがベストです。

冒頭でもお伝えしましたが、値引きはキツイですし..

一括査定サービスを試す方は、こちらからどうぞ。

愛車の状態によって、2つのどちらか決めよう

では乗り換えを考えている方は、ディーラーに行く前にどうぞ。

あなたの愛車のコンディションは?
こんな2サービスを、私と車マニアの友人らで激選しました。

愛車の条件にあわせて1つを選んでみてください。

■ 年式が古い
■ 走行距離が長い

という場合はこちらがオススメです。

⇒ かんたん車査定ガイド

■ キズが多い
■ 事故歴がある
■ 国産ではなく輸入車

という、ちょっとコンディションに自信の無い愛車は。海外ルートに強い業者が登録されているズバットのが高く見積もってもらえやすいです。

⇒ ズバット車買取比較

すぐに済むので、とりあえずパパッと気軽にフォーム入力してみてくださいね。

追記:「2つの一括査定サービスを両方つかってもいいの?」

上記のような賢い質問を頂きました。

はい、1度試してみて慣れた方は2つのサービスを併用することで、より愛車を高く買い取ってもらえる確率が上がります。

愛車が高く見積もってもらえるというのは、やはりオーナー冥利に尽きるものです。



 - ノート , ,