くるまWEB|値引き・買取情報や新型ニュース

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

新型マーチの値引き!【スペック・現行と比較・燃費・価格・発売日】

      2016/09/08

いよいよ5代目となる日産の新型マーチ

WS000113
画像引用元:http://spyder7.com/

今回のフルモデルチェンジで、ガラッと外見の印象が変わっていますよね。

テストドライブ中の様子を見ていると、どうやら日産のトレードマークでもあるV字のフロントマスクであることも分かってきました。

WS000112
画像引用元:http://car.kurumagt.com

なんだか4代目の現行マーチと比べて、ある意味「マーチらしさ」を失っているかのように思えます。ヘッドライト部分の丸みを帯びたデザインも無くなり、よりシャープな顔つきになっています。

ただこのデザインも、なにも別に日産が迷走しているわけでもなく、未来を見据えたコンセプトに基づき改良されているようです。それについては記事の後半でじっくり触れていきます。

ちなみに、こちらの写真は雑誌「ベストカー2016年4月26日号」の予想グラフィックです。
WS000114
画像引用元:https://kuru-man.blogspot.jp

ということで発売が待望される新型マーチの値引き相場、それから予想スペック現行との比較などをまずは書いていきます。その後、フルモデルチェンジについて掘り下げていきましょう。

新型マーチ(2016年モデル)の値引き相場について

新型マーチは以下のようになりました。

■ 新型マーチの値引き額

10~15万円くらい

ちなみに現行マーチなら20~30万円くらいはイケるらしいですね。さらに今後...新型マーチの発売日が具体的に決まってきたら、さらに現行モデルの値引き額が上がるでしょうね。

それからいくら大幅なフルモデルチェンジによって、「現行モデルよりも価格がちょっと上がるかも?」と噂されている新型マーチとはいえ価格帯は知れています。そんなガツンと上がる訳ではないでしょう。

ですから価格帯からみても、平均して10万円くらいを値引きできたら合格点だと思います。

WS000115
画像引用元:http://carbikenews.xyz

フルモデルチェンジの予約・発売直後は、愛車を高く売るのがベター

ここまででお伝えした通り、やはり新型マーチの大幅な値引きは期待できません。このことはそもそも、あなたも重々承知なのだと思います。ディーラーの立場からしたら、リリース直後なのに大きな値引きをする意味がありませんからね。

しかし...少しでも口座にお金を残したいのが人間の性だったりします。

WS000031

ですので、もしそれでも「新型マーチの購入額を、少しでも安く抑えたい!」とお考えでしたら...新型の値引きにエネルギーを割かずに、愛車を高く売ることに注力するのがベターな選択でしょう。

新型の値引きをエサにされて、そのままディーラーに下取りに出すのも1つの手です。ですがディーラーを介さずに、業者さんに愛車を買い取ってもらうと2,30万円くらいの差なら珍しくありません。

WS000038

詳しくは今スグこちらをチェックしてみてください。

⇒ かんたん車査定ガイド

ちなみに、「なぜ買取額に差がつくのか?」という仕組みは、こちらの別記事で解説しています。気になった方はどうぞ。

あなたの車の本当の価値は?高く売って損をしない方法

では少し話がズレましたが、ここから以降では「新型マーチの予想スペック、現行のスペックとの比較、それから新型の予想価格、あとフルモデルチェンジの主な特徴」について書いていきます。

新型マーチの予想スペック

ではこちらが新型マーチの予想スペックです。7.8割は合っていると思います。

新型の予想スペック 
全長x全幅x全高3980x1695x1450mm
ホイールベース2570mm
定員5名
搭載エンジン1.2リッター直列3気筒DOHCエンジン (HR12DE型)
最高出力80ps/6000回転
最大トルク11.0kgf.m/4400回転
燃費リッター25.0キロ
駆動方式FF
トランスミッションエクストロニックCVT

ボディサイズの拡大については後で触れるとして、まず燃費が良くなっている点に注目です。

WS000122
画像引用元:http://xn--o9jy06g0wf78i643dpwj.biz

どうやら今回のフルモデルチェンジによって、プラットフォームに大きな改善があるらしいです。プラットフォームとは、その車の骨格のようなもの。それが一新されるということは、燃費はもちろん各性能に影響がでてきます。

プラットフォームの一新で走行性能アップ!

さて引き続き、プラットフォームについてお伝えしていきますね。

まず今回の新型マーチのプラットフォームは、次期ジュークで初採用される「CMFのBセグメント版)」というものが使われるらしいです。CMFはコモンモジュールファミリーという意味で、これは日産と、パリに本社を置くルノーで共同開発されたプラットフォームです。

WS000124
画像引用元:http://response.jp

ちなみに、これがジュークです。
WS000123
画像引用元:http://autoc-one.jp

共同開発された力作なので、これで新型マーチの走行性能が格段にアップすることは間違いありません。

新型マーチの燃費が高くなりそうなのは、おそらくプラットフォームが軽量化されていることも理由のひとつでしょうね。

現行マーチの基本スペック

それから、こちらが現行マーチの基本スペックです。

現行の基本スペック 
全長3,825mm
全幅1,665mm
全高1,270mm
ホイールベース2,450mm
搭載エンジンHR12DEエンジン
燃費リッター21.4キロ

新型モデルと比較してみると、やはり新型マーチのがボディサイズがググッと大きくなっていることが分かりますね。いくらフルモデルチェンジとはいえ、ここまで大きく変わることは珍しいです。特に全高にかなり差があるので、新型の存在感は、今までと大きく変わって感じるはずです。

現行マーチの写真です。
WS000125
画像引用元:https://ja.wikipedia.org

「まったく別の車になった!」と言ったら語弊があるかもしれませんが...それくらい変化を感じます。

新型マーチの予想価格!

巷ではよく「現行モデルと同じくらいになるのでは?」と言われていますが、個人的には値上がるような気がしています。

新型マーチの予想価格

■ 180万円前後

やはりフルモデルチェンジによる大幅なデザインの変更、それから一新されたプラットフォームボディサイズの拡大、などを考えると、現行よりも少し上乗せされた価格になるかと思います。走行性能がグワッと良くなりますからね。

こちら現行マーチです。
WS000116
画像引用元:http://car.watch.impress.co.jp

それからパワートレイン部分に関しても、現行4代目と同じ「直3」になるとも言われていますが、もしかしたらルノー製エンジンが採用される噂も飛び交っています。となると、現行マーチの価格のままというのは考えにくいかと。

WS000126

現行マーチの価格まとめ

とりあえず現行マーチの価格についてもまとめておきました。ただ、個人的には先にお伝えした通り、現行よりもプラス10~20万円くらい上がるような気がしています。

参考がてら確認してみてくださいね。

現行マーチの価格 
■ G1,557,360円
■ G FOUR1,721,520円
■ X Vセレクション1,375,920円
■ X1,332,720円
■ S プラムインテリア1,287,360円
■ S1,151,280円
■ トヨタ「パッソ」X(G package)1,447,200円

ちなみに表の最下部には、ライバル車のトヨタ「パッソ」、グレード「X(G package)」の価格を入れておきました。やはり価格というのは、自社のみならず、競合社との兼ね合いもありますからね。

トヨタ「パッソ」です。新型マーチは、このパッソよりも一回り大きいイメージです。今後パッソはどう変わっていくかも見物になってきます。
WS000117

ライバル車の価格は、新型マーチの価格の仮説を立てるためにも、その判断材料になるかと思います。

新型マーチの発売日は2016年内か!?

さて、日本国内での発売はいつになるでしょうか。

ちなみにヨーロッパでは2016年内に生産が始まります。

ですから、それが日本にも輸入されることを踏まえると...

■ 新型マーチの発売日

2016年冬~2017年春

このくらいになると思います。何だかんだすぐですね。そして最近は新型マーチのニュースが多く出てくるので、もしかしたらもっと早い2016年の秋くらいになる可能性もあります。

まだ日産から公式発表はありませんが、2016年内、または2017年にワールドプレミアを実施するという話は聞いています。

新型マーチは「スウェイ・コンセプト」とは?

では最後に、今回の新型マーチの大きな変更点についてです。

すでにプラットフォームが一新されたことについてはお話しましたが、それに加えて「スウェイ・コンセプト」についても覚えておくと、新型マーチについて理解が深まることでしょう。

「スウェイ・コンセプト」とは、簡単にいうと日産「SWAY(スウェイ)」のデザインを継承していくような意図のことを指します。

こちらがスウェイ。確かに新型マーチと酷似していますよね。
WS000119
画像引用元:http://car-moby.jp

つまり、新型マーチのデザインの印象がガラッと変わっているのは、スウェイのデザインコンセプトが元になっているからです。

もしかしたらスウェイのように、観音開き型にドアが開ける可能性もあります。

WS000118
画像引用元:http://221616.com

慣れるまでは違和感があるかもしれませんが、これはこれで格好いいかなとも思います。利便性についてはどうでしょう...荷物の持ち運びがしやすいのでしょうかね。

ちなみにスウェイのリア(後ろ姿)です。
WS000120
画像引用元:http://221616.com

マーチはパルサーの兄弟車!?

ということで「スウェイ・コンセプト」について触れました。

ついでに触れておくと、「新型マーチはパルサーの弟分」という言われ方もされています。

以下の写真が「パルサー」です。パルサーは日産がヨーロッパに向けて発売している車種のことです。
WS000121
画像引用元:http://www.asahi.com

確かにパルサーは同じく「スウェイ・コンセプト」が採用されていて、何となくマーチの兄貴のような雰囲気がありますね。

パルサーはハッチバックタイプの車です。ですから、パルサーの小さいバージョンとして開発されたのが、マーチのそもそもの始まりだったりするのかもしれませんね。弟分という声にもなんとなく納得です。

では以上、フルモデルチェンジされた新型マーチの値引きやスペック関連情報でした。ここまでお読み頂きありがとうございます。



 - マーチ ,