くるまWEB|値引き・買取相場や新型車ニュースの速報!

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

「アバルト124スパイダー」の値引きと納期!カラー4色と目撃情報

      2016/09/08

外車だけど日本国内で生産されている「アバルト124スパイダー」

WS000114
画像引用元:http://news.mynavi.jp

広島産のイタリアンスポーツカーですね。海外ブランドを背負っていますが、広島のマツダ工場で作られている、ということです。

発売日は10月8日ということで、これは9割がた確定していますね。もう先行予約が始まっているようなので、おそらく発売延期などの心配もありません。

WS000115
画像引用元:http://carview.yahoo.co.jp

ということで、そんな「アバルト124スパイダー」の値引きと納期について解説していきます。

そして記事の後半では、「ボディカラー4色にどんな色があるのか?」それから「まだ発売前なのにアバルト124スパイダーを見た!」という目撃情報について触れていきます。

では参ります。

※ 追記:「アバルト124スパイダー」のこんな記事も読まれています

「アバルト124スパイダー」をマツダ「ロードスターRS」と比較!

「アバルト124スパイダー」の値引き相場について

まずディーラーの値引き情報について調べてみましたが...いくらマツダ産とはいえ、やはり124スパイダーとなると値引き額についても話が変わってきますね。

このような感じです。

■ 「アバルト124スパイダー」の値引き額
最高でも5万円

MAX5万円くらいで、基本的に1円も値引きしてくれない可能性が高いです。「お気持ち程度なら...」といった感じで、なんとか数万円を引いてもらうだとか、そのくらいでしょうか。

そもそも生産台数もそんなに無いので、各店舗に在庫が置いてあるとは限りません。ですから「なんとか売り切らないといけない!」とディーラーが必死になってセールスしてくることも考えにくいです。だから値引き額も知れていますし、おそらく上からも厳しく取り締まられていると思います。

WS000116
画像引用元:http://autoc-one.jp

ということで残念ですが、アバルト「124スパイダー」は、巷で言われているような値引きノウハウを覚えていっても無意味でしょうね。

新車の予約・発売直後は、愛車を高く売るのがベター

ここまででお伝えした通り、やはり「アバルト124スパイダー」の大幅な値引きは期待できません。このことはそもそも、あなたも重々承知なのだと思います。ディーラーの立場からしたら、リリース直後なのに大きな値引きをする意味がありませんからね。

しかし...少しでも口座にお金を残したいのが人間の性だったりします。

WS000031

ですので、もしそれでも「アバルト124スパイダーの購入額を、少しでも安く抑えたい!」とお考えでしたら...新車の値引きにエネルギーを割かずに、愛車を高く売ることに注力するのがベターな選択でしょう。

新車の値引きをエサにされて、そのままディーラーに下取りに出すのも1つの手です。ですがディーラーを介さずに、業者さんに愛車を買い取ってもらうと2,30万円くらいの差なら珍しくありません。

WS000038

詳しくは今スグこちらをチェックしてみてください。

⇒ かんたん車査定ガイド

ちなみに、「なぜ買取額に差がつくのか?」という仕組みは、こちらの別記事で解説しています。気になった方はどうぞ。

あなたの車の本当の価値は?高く売って損をしない方法

では少し話がズレましたが、ここから以降では「アバルト「124スパイダー」の納期、それからエンジンスペックとカラーバリエーション」について書いていきます。

「アバルト124スパイダー」の納期はいつ?

さて、次に「アバルト124スパイダー」の納期についてです。

納車はどのくらいかかるでしょうか。

待つのも楽しみではあるものの、あまり待たされるのは購入意欲がそそられません。

おそらく以下くらいの納期になると思います。

■ 「アバルト124スパイダー」の納期

平均して3,4ヶ月

先行予約であれば、もう少し早い1.2ヶ月で納車されることもあり得ます。あとはバックオーダーだったり在庫状況にもよりますね。

WS000117
画像引用元:http://carislife.hatenablog.com

「海外ブランドの「124スパイダー」なので納期が半年以上かかる!」という風に伝えているメディアもあります。ですが冒頭でもお伝えした通り、今回の「アバルト124スパイダー」は日本国内のマツダ工場で作られています。

ですから、輸入車のスーパーカーのように納期が長引く心配はありません。

WS000119
画像引用元:https://twitter.com

ただ、そこまで大量生産される車種では無いですからね。やはり在庫が売り切れてバックオーダーが重なってくると、納期がズルズル伸びていくことになるでしょう。ですから購入するなら早めに決めると納車スピードも短縮できるかと思います。

「アバルト124スパイダー」のボディカラーには4色!

ボディカラーのバリエーションは4色のようですね。

順番に並べるとこうなります。

■ 白系
ソリッド・ホワイト
パール・ホワイト

■ 赤系
ソリッド・レッド

■ 青系
ブルーメタリック

ちなみに「3層コーティングになっているパール・ホワイト」「青系のブルーメタリック」に関しては、オプションカラーとして別途費用がかかります。

狙っている方は覚えておいてくださいね。

個人的には黒系のボディカラーが無いのは驚きました。確か過去のスパイダーには、黒系のバリエーションもあったと思うのですが...。もしかしたら不人気で廃止されたのかもしれませんね。

黒系色のイメージとして、こちらフィアット「124スパイダー」です。
WS000121
画像引用元:http://car-moby.jp

それかまた最新情報によって、カラーバリエーションの種類が追加されたり変わってくるかもしれません。

筑波サーキットで「アバルト124スパイダー」の目撃情報!

では最後に、こんな目撃・遭遇情報を見つけたのでご紹介させて頂きますね。

2件の目撃情報があるのですが、まずこちら。

WS000112
画像引用元:https://twitter.com

筑波サーキットで、まだ発売前なのに「アバルト124スパイダー」が駐車されているのを見掛けたようです。

ボディカラーは赤、ソリッド・レッドにあたるでしょうか。この目撃写真を見た限りでは、やはり「アバルト124スパイダー」で間違いないように思えますね。

筑波サーキットでテスト走行をしていたのでしょうか。情報が発信された日にちに見つけたのであれば、土曜日の話ですね。ひと目につきにくい平日に走らせたほうが良いのでは?なんて思いました。

どこかの公道でも目撃が!

そしてもう1件、目撃・遭遇情報があります。

ちょっと地域まで特定できませんが、どこかの公道でアバルト124スパイダーの後ろ姿を捉えています。

WS000113
画像引用元:https://twitter.com

広島のマツダ工場で作られているだけに、広島県での目撃でしょうか。それとも工場から出荷されて関東などでの情報になりますかね。

色はソリッド・ホワイトでしょうか。なんとなくパール・ホワイトのほうとは質感が違うような気がします。

ちょっと場所は分かりかねますが、おそらくこちらもテスト走行をしている最中だったのだと思います。

WS000118
画像引用元:http://carview.yahoo.co.jp

にしてもリヤ、後ろ姿だけで「アバルト124スパイダー」だと見破るだなんて、おそらく目撃者の方も車マニアなんでしょうね。興味のない方でしたら、発売前の車種などまったく知らないでしょう。

ちなみに、こちらの目撃情報が発信されたのは金曜日になります。

ということで以上、「アバルト124スパイダー」の値引きや納期、それからカラーと目撃情報について書き綴ってきました。

※ 追記:「アバルト124スパイダー」のこんな記事も読まれています

「アバルト124スパイダー」をマツダ「ロードスターRS」と比較!



 - 124スパイダー , , ,