くるまWEB|値引き・買取相場や新型車ニュースの速報!

いち車マニアによる情報発信サイト「くるまWEB」!最新車から中古車のお役立ち情報をまとめてみました!買い換え・購入検討中の方へ、車の魅力や小ネタを分かりやすくお伝えしていきます。

1.2Lのコンパクトカー比較!フィット・デミオ・スイフト・ノート

      2016/11/22

今やコンパクトカーも接戦で、どのメーカーも品質の高い車種が増えています。

WS000164
画像引用元:https://www.youtube.com

価格も比較的、安いものが多いので、若い学生さんだったり、それから女性の方に人気があります。どことなくデザインも可愛らしいものが多いですよね。

燃費が良くて気軽に運転できるのことも人気の理由のひとつです。

それだけに各メーカーも力を入れてきており、それぞれ魅力も違うのでイザ選ぼうとしても迷ってしまいます。

WS000165

ということで、今回の記事ではコンパクトカーのなかでも特に人気の高い1.2Lクラスの4車種を比較をしていきます。

これから車を購入する予定の若い学生さんや、通勤やショピングなどの用途で検討している女性の方達へ参考になったら幸いです。

では早速いきましょう。

ちなみにコンパクトカーのこんな比較記事も読まれています。

予算200万円&排気量1000cc前後のコンパクトカー比較!

フィット・デミオ・スイフト・ノートの4台を徹底比較!

ということで比較するのは、この4台です。

■ホンダ「フィット(13G・Fパッケージ)」
■マツダ「デミオ(13C)」
■スズキ「スイフト(XG)」
■日産「ノート(X)」

いずれも需要のある1.2Lクラスの車種になります。

そして比較するのは、この6項目

1.乗り心地
2.加速感
3.操縦安定性
4.居住性
5.積載性
6.燃費

では、それぞれの項目について、4車種で比べた結果をお伝えしていきます。

今さらですが今回ピックアップしたコンパクトカーの4車種は、どれもレンタルカーとしても人気のある車です。ですから、今後レンタルカーを利用する予定の方にも参考になるのかもしれませんね。

1.乗り心地

乗り心地というのは、シンプルに「快適に走れるかどうか?」ということです。

やはり何度も運転する車なら、乗り心地が良いほうがいいに決まっていますからね。運転中のストレスや疲れの感じ方にも関わってくる大事なポイントです。

そして、最も快適に思ったのはマツダ「デミオ(13C)」です。

WS000166
画像引用元:http://www.webcg.net

なんとなく重厚感のある走り心地で、凹凸などの段差を乗り越えたときの感触も、デミオが1番しっくりと具合が良い感じ。

デミオの次に良かったのは、ホンダ「フィット(13G・Fパッケージ)」ですね。

WS000167
画像引用元:http://autoc-one.jp

ただちょっとエアコンを効かすと、エンジンの回転が落ちたことを肌で感じます。

普通に走るぶんには良いですが、エアコンを付けた時にちょっとガッカリしてしまいますね。いくらコンパクトカーとはいえ、軽ではなく1.2Lあるのですから、もうちょっと頑張って欲しかったところです。

■ 最も乗り心地が良いのは?

マツダ「デミオ(13C)」

2.加速感

加速感は、「停車からアクセルを踏んだときの吹き上がり」だったり、運転中の「スピードアップのときに気持よく伸びるかどうか?」といったことを指します。ざっくり言うとメリハリですね。

ということで加速感がイチバン良いのは、またしてもマツダ「デミオ(13C)」でした。

WS000168
画像引用元:http://www.webcg.net

駆動力がよく加速に伸びがあります。ただ停車から発進させるときには、ちょっとロスがあるように感じました。けれど、まぁ及第点なのではないでしょうか。

そして2番目に良かったのは、スズキ「スイフト(XG)」です。

WS000169
画像引用元:http://www.webcg.net

軽快さで言えばスイフトが1位ですね。ボディの重量が軽いので、停車からアクセルを踏んだときのククッと進む感じがあります。

■ 最も加速が良かったのは?

マツダ「デミオ(13C)」

3.操縦安定性

操縦安定性は、「カーブや傾斜の多い山道や高速道路でも安定しているのは?」ということを基準にしています。

まず最も安定性があったのは、3度目の首位となるマツダ「デミオ(13C)」。

WS000170
画像引用元:http://www.carsensor.net

そもそも、このデミオは発売が2014年と新しく技術面でもレベルアップしてますからね。それが要因となりました。別にデミオを贔屓している訳ではございません。

こちらの操縦に対して素直に反応し、コーナリングもスムーズにこなします。

その次に良かったのは、スズキ「スイフト(XG)」になります。

WS000171
画像引用元:http://www.carsensor.net

山道も高速道路もキビキビと走ってはくれますが、やはり市街地向きのように思えました。ただ難なく走るので、どこに行っても不安は無いです。

■ 最も操縦(走行)安定性が高いのは?

マツダ「デミオ(13C)」

4.居住性

居住性は、「リヤシートのスペースが快適なのは?」という話です。

例えば、リヤシートの膝周りが窮屈だと、それは同乗者にとってストレスが大きくなりがちです。

そしてこの居住性が最も快適だったのは、日産「ノート(X)」ですね。

WS000172
画像引用元:http://usedcar-nissannote.com

頭上の高さ、足元のスペース...どちらの点においても、大きめのセダンタイプに乗っているかのような広さを感じます。これは文句なしの1位です。

2位は、ホンダ「フィット(13G・Fパッケージ)」です、

WS000173
画像引用元:http://www.goo-net.com

頭上の高さはノートに負けますが、足元のスペースはかなり確保されています。4人くらいのロングドライブでも快適に過ごすことができるでしょう。

■ 最も居住性があるのは?

日産「ノート(X)」

5.積載性

積載性は、「荷物が積みやすいこと」「たくさん積めること」をテーマにしています。

積載性については、ホンダ「フィット(13G・Fパッケージ)」が断トツです。

WS000174
画像引用元:http://autoc-one.jp

フィットは燃料タンクがフロントシートの下に設置してあります。その為、ラケッジスペース(トランク)の開口部が、4車種のなかでも最も低くなっています。地面から低いほど、重い荷物も積みやすいということですね。

それに奥行きもあって大容量になっています。それにも関わらずリアシートも広いので、イザというときは背もたれを畳んでリアシートのほうまで荷物を載せることもできます。

あとは日産「ノート(X)」とスズキ「スイフト(XG)」も良かったですね。

このように背もたれを畳むと、同じくだいぶ広く取れます。
WS000175
画像引用元:http://shachuhaku.main.jp

それぞれ便利な部分がありますが、少し地面から高かったり、ちょっとした欠点も付いてきます。

■ 最も積載性があるのは?

ホンダ「フィット(13G・Fパッケージ)」

6.燃費

燃費は言うまでもなく「同じ距離を少ない燃料で走れるのは?」という比較です。

カタログに掲載された燃費ではなく、実質燃費の良さで比べていきます。

そして、最も燃費の伸びが良かったのは、スズキ「スイフト(XG)」でした。

WS000176
画像引用元:http://s23213951.sj-chubu.jp

実質リッター15キロくらいでしょうか。

2位はホンダ「フィット(13G・Fパッケージ)」。

WS000177
画像引用元:http://minkara.carview.co.jp

実質リッター13.5キロほど。まずまずですね。

ちなみに3位は、日産「ノート(X)」になります。

WS000178
画像引用元:http://ethicallifehack.blog.fc2.com

実質リッター12.6キロくらいです。

ただいずれもあくまで参考くらいに思っておいてくださいね。距離もそうですが、どんな場所を走るか?でも燃費の伸びは変わってきますので。

■ 最も燃費が良いのは?

スズキ「スイフト(XG)」

もしも買うなら...

以上、1.2Lクラスのコンパクトカー4車種を6項目で比べていきました。

いかがだったでしょうか。もちろん個人的な主観も含んでいますし、デザインなどを基準にして比べてないので、イザ買うときにはご自身の好みで選ぶのが良いでしょう。

デザインの良し悪しで、車の愛着も変わってきますからね。

とりあえず最後にまとめると、もしも買うならオススメはこの車です。

■ もしも買うならオススメは?

ホンダ「フィット(13G・Fパッケージ)」

今回の比較内容でいうなら、です。どの点においても優等生だった印象があります。

WS000179
画像引用元:http://gazoo.com

あとはノートやデミオも良かったですね。もちろんスイフトだって駄目だったわけではありません。

どの車も、それほど走りに癖が無いので楽しめると思います。ただ今回の6項目の比較でいえば、フィットが最も総合点が良いということです。あとはご自身で試乗して確かめたら良いと思います。

WS000180
画像引用元:http://response.jp

それにグレードによっても具合が違うことがありますからね。

ということで楽しんで頂けたでしょうか。

ちなみにコンパクトカーのこんな比較記事も読まれています。

予算200万円&排気量1000cc前後のコンパクトカー比較!

では今回もお付き合いありがとうございます。



 - おすすめランキング・比較, ノート, フィット , , , , , ,